予想情報

予想情報 小倉競輪

≪ 1月13日 小倉競輪  | 

1月14日 小倉競輪 投票する

1R 2R 3R 4R 5R 6R 7R

                           
レース 選手名 期別 府県 脚質 コメント
1R 1 1 × 宮安 利紗 106 岡山 マ差 1枠を生かして
2 2 蓑田 真璃 110 千葉 先捲 自力で前々攻める
3 3 岡村 育子 102 埼玉 マ差 取れた位置
4 4 菅田 賀子 104 宮城 捲差 取れた位置から前々
5 5 亀川 史華 110 兵庫 先捲 前々自在
6 6 森  美紀 102 福岡 マ差 取れた位置から
7 関口 美穂 102 埼玉 マ差 スタート狙って
2 1 3 5 6 4 7            
先捲 マ差 マ差 先捲 マ差 捲差 マ差            
 初日の⑤(亀川)は石井貴子より先に上昇して巧みに飛び付き、追い付く勢いで抜きに行ったが、石井に踏み直されての悔しい2着では好調とは言えないが、このメンバーでは点数最上位なので、主戦法の自力で人気に応えるか。対する②(蓑田)はこの成績が信じられない堂々とした運行で初日は1着スタート、これが自信に成らない筈はないし、前々に攻めれば間違いなく連対は外さぬ調子。初日の失敗で決勝に乗るには連を外せない地元⑥(森)は、隣枠の(亀川)を追走ならば。動き良かった①(宮安)にもチャンスが。
                           
レース 選手名 期別 府県 脚質 コメント
2R 1 1 青木 美優 106 栃木 マ差 取れた位置から
2 2 佐々木恵理 110 愛知 マ差 取れた位置から
3 3 石井 貴子 106 千葉 先捲 自力
4 4 小林 彩乃 112 群馬 捲差 前々自在
5 5 × 齊藤 由紀 110 愛知 マ差 取れた位置から
6 6 島田 優里 108 奈良 マ差 取れた位置から
7 山口 優衣 108 佐賀 マ差 (補充)
3 4 1 2 5 6 7            
先捲 捲差 マ差 マ差 マ差 マ差 マ差            
 自粛の一ヶ月間、テーマを立てゝ練習したのか、初日の③(石井)は横綱相撲での勝利、ホームでは先頭に立ち、中途を飛ばして直線でしっかり踏み直したのは実力以上に成長した証なのかも、こゝも圧倒的人気を背負う以上は、内容もだけど結果を優先する自力戦。2着の一番手は、初日の3着は凄く動きが良かった④(小林)。次いで1枠を利して(石井)の後に居るかも知れない①(青木)に、初日は内容で目立ってた⑤(齊藤)の機動力。初日好走の②(佐々木)に、根性の⑥(島田)迄2・3着争いは伯仲。
                           
レース 選手名 期別 府県 脚質 コメント
3R 1 1 栗田 弘一 60 群馬 マ差 後輩横田
2 2 服部 正継 86 岐阜 マ差 近畿の後
3 3 重富 公輔 83 佐賀 マ差 決めず
4 4 前村 利彦 82 大阪 先捲 自力です
5 5 × 肥後 勇志 77 奈良 マ差 前村さんの番手
6 6 久松 昇一 59 静岡 マ差 群馬の後
7 横田 政直 103 群馬 先捲 自力です
7 1 6   3   4 5 2        
先捲 マ差 マ差   マ差   先捲 マ差 マ差        
 初日の⑦(横田)は先頭に立った時はペースで押し切るかと思ったのに、つい安心して流したのか、そこを友永龍介にアッサリ叩かれるとは、力出し切れないまゝ終わったのは本人が一番ショックだったのでは、まだ103期のルーキーであればこれからのレーサーであり、こゝは親子程年が違う先輩①(栗田)に迷惑掛けない自力で初日の分迄力出し切る。(栗田)は年末の佐世保ナイターを思い出しての逆転劇。⑥(久松)までがライン。初日は敢えて単騎を選択した④(前村)だけど、こゝは⑤(肥後)だけでなく、②(服部)に迄任された事での自力戦。
                           
レース 選手名 期別 府県 脚質 コメント
4R 1 1 駒井 大輔 98 東京 先捲 先行主体
2 2 加藤 昌平 80 福岡 マ差 伊藤君です
3 3 山本  淳 65 奈良 マ差 決めず先手ライン
4 4 伊藤  司 83 福島 先捲 九州の前で自力
5 5 江頭 幹人 58 佐賀 マ差 地元の昌平に任せる
6 6 × 宮田 達也 67 埼玉 マ差 東京の3番手
7 橋口  琢 90 東京 マ差 駒井さんの番手
1 7 6   3   4 2 5        
先捲 マ差 マ差   マ差   先捲 マ差 マ差        
 凄い頭脳をしていると評判は①(駒井)、進むべき道を誤まったのかも、競輪は頭で考える前に体が反応しなければいけないのに、つい決め付けてしまうのが、力あってもチャレンジに甘んじてる要因、こゝはラインの⑦(橋口)⑥(宮田)に任されたなら、シンプルに逃げる事か。こゝに来て1着を量産してる(橋口)も上智大を出てる秀才、余裕で抜いてるか。④(伊藤)は、11月に小倉を走った時も初日・2日目迄はサッパリで、最終日にやっと力発揮したのを思いだされる初日の調子だが、力あるので。
                           
レース 選手名 期別 府県 脚質 コメント
5R 1 1 × 佐藤 隆紀 97 熊本 マ差 照屋の番手
2 2 二塚 正裕 53 埼玉 マ差 初の森君
3 3 友永 龍介 101 山口 先捲 2車ですね、自力
4 4 森   啓 96 岐阜 先捲 自力
5 5 近藤 時啓 76 岡山 マ差 こゝは友永
6 6 丸山 辰男 66 熊本 マ差 後輩佐藤隆
7 照屋 将貴 111 沖縄 先捲 自力
7 1 6   4 2   3 5        
先捲 マ差 マ差   先捲 マ差   先捲 マ差        
 これが現在の調子なのか、初日の⑦(照屋)は、マークの塩満賢治を引き離すパワーで圧勝、ならば同型③(友永)④(森)との主導権争いに後れを取る事は考えられない。問題はマークする①(佐藤)で、鐘から逃げた船瀬惇平に離れたのは不安でしかないので、動けてる(友永)を敢えて対抗に。後はラインの⑤(近藤)。②(二塚)に任された(森)も果敢に逃げたら(照屋)は1車で来てくれるやも知れず、最後迄踏み切る事か。気持で走る埼玉輪界の功労者(二塚)が連携。
                           
レース 選手名 期別 府県 脚質 コメント
6R 1 1 染谷 幸喜 111 千葉 先捲 先輩と決める自力
2 2 岡  俊行 80 高知 マ差 瀬戸内3番手
3 3 森川 康輔 111 岐阜 先捲 自力で連勝です
4 4 岡田 雅也 88 高知 マ差 山崎
5 5 山崎 泰己 101 岡山 捲差 自力・自在
6 6 竹内 真一 89 福岡 マ差 初めての森川
7 × 石渡 英樹 71 千葉 マ差 後輩染谷
1 7   5 4 2   3 6        
先捲 マ差   捲差 マ差 マ差   先捲 マ差        
 初日の③(森川)は伊藤司に突っ張られたが、まだ1周以上あるのを確かめて4番手迄下げて捲ったのは正解で、体も大きいから迫力満点、こゝは地元⑥(竹内)と2車ならば、別に逃げなくて自信ある捲りが許される。同期のライバル①(染谷)の初日は内容ある逃げ切りだったのは(森川)とは同等以上、大先輩⑦(石渡)を連れて、やってる事は先行かも。四国コンビに任された⑤(山崎)は(染谷)が逃げても(森川)が先制した処で。3番手は約束されてるのは有利。
                           
レース 選手名 期別 府県 脚質 コメント
7R 1 1 沢田 勇治 98 山口 マ差 初めての船瀬
2 2 × 塩満 賢治 58 鹿児 マ差 島村に任せる
3 3 齋藤 和也 78 福島 捲差 自在です
4 4 田村 博之 69 徳島 マ差 中国の後
5 5 田村 淳史 79 静岡 マ差 齋籐さんの番手
6 6 島村  匠 111 福岡 先捲 自力
7 船瀬 惇平 111 広島 先捲 逃げます
7 1 4   3 5   6 2        
先捲 マ差 マ差   捲差 マ差   先捲 マ差        
 師匠の吉本哲郎を信じて練習しているのは⑦(船瀬)、昨年の8月にこゝを走った時とはまるで別人、現在のパワーならば即S級に通用するのでは、こゝのメンバーでも逃げさえすれば再勝はほゞ不動視される。番手は初日の作戦は読めなかった①(沢田)、付いて行ける調子に根性。初日の捲り勝利で実父栄治氏(50期)だけでなく、師匠の吉本卓仁(89期)もほっとしたものと思われる⑥(島村)は、(船瀬)を逃がしたら捲れないので、意を決して逃げれば2度目の優出も。後はこの頑張りには頭が下がる②(塩満)。

※「予想の並び」は実際の並びと異なる場合がございますのでご了承ください。
※「並び内の脚質」は展開脚質を記載しています。実際の脚質と異なる場合がございますのでご了承ください。
※掲載されている情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容の正確性および安全性を保証するものではありません。詳しくは、オッズパークの免責事項をご確認ください。

ページ先頭へ↑

競輪予想情報

競輪(KEIRIN)ならオッズパーク競輪

<< 1月13日 小倉競輪  |